ペルー戦の感想

キリンカップペルー戦をテレビで観たほとんどの人にとって、一番印象的だったのは、ロスタイムでの失点ではないだろう。

松木さんが死んじゃった。

ハーフタイム中に2度ほど流れたソニー生命のCMで、父親役の松木安太郎が死んでしまうのだが、なんかちょっと、ジーンとしてしまったのはわたしだけだろうか。いつもはうるさいとだけ思っていた父の声も、聞こえなくなると寂しいものだ。プロサッカー選手という夢が叶った今、一番聴きたいのはあの父の叫ぶ声だ。

でもきっと、次にテレビでしゃべりまくる松木の姿をみたら私は思うだろう。

うるさいだまれ、と。

¾¾ÌÚ

「ペルー戦の感想」への2件のフィードバック

  1. 当方、海外在住でCMを見られませんが、自分が死ぬ設定を喜んで(多分)熱演するって松木さんらしいですね。彼は加地さんがプロ(C大阪)入りした時の監督。加地さんのネタキャラ入りはこの時に運命づけられていたのでは・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です