kajidaisanji のすべての投稿

ゆがみツール

先日のPhotoshopのアップデートで、「ゆがみツール」で目や口などのパーツを加工して、顔の表情を簡単に変化させることができるようになった。プリクラとかで目がでかくなるああいうことが、Photoshopでもできるようになったのだ。

そこら辺にあった写真を開いて「ゆがみツール」を選んでみると、顔認識が働き、眼や鼻のパーツがすぐに調節できる状態になる。あとはマウスで直接ドラッグしたり、スライダーで変化量を指定すると、ごく自然に目を大きくしたり、口を笑顔にしたりできるのだった。

ところでよくデカ目加工されたプリクラは「宇宙人か!」とか言われがちで、つまりこの機能を使えば誰でも宇宙人になれるのではないだろうか。早速加地さんを宇宙人にしてみよう。

宇宙人としての加地さん

なった。

ところで、この「ゆがみツール」のパラメーターは全て逆にも設定でき、目を小さくしたりすることができるので、もしかすると宇宙人を人間っぽくすることもできるのではないだろうか。

ノーマル羽生

さっそく宇宙人を捕獲。これより人間化に取り掛かる。

オペ中

マウスで目や口をいじっていると、なんだか手術台の上の宇宙人を解剖しているかのような気分である。そしてついに、我々は羽生を人間の姿にすることに成功したのだった。

人間としての羽生

人間、羽生。ものすごく自然じゃないか。こんな人、いそう。加工前の写真より、間違いなくいそうである。いや、実際いるのは、加工前の羽生なんだけど。

あまりに自然な仕上がりで、加工前後の写真を見比べていると、だんだんどっちが加工前でどっちが加工後なのかわからなくなるほどである。では、羽生をもっと宇宙人っぽくしたらどうなのだろう?

宇宙人としての羽生

まごうことなき宇宙人。いや、いくらなんでも羽生はここまで露骨に宇宙人じゃないよなあ。とは思うんだけど、でも今までの3枚を並べると、そうとも言えない気がしてくるのだった。

羽生グラデーション

私のイメージする羽生は、間違いなく、一番左なのである。「ゆがみツール」がゆがめるのは、私たちが思う「人間と宇宙人と羽生の境界線」なのかもしれない。

(おまけ)顔認識、と言えばこの人で試してみないわけにはいかないので試してみたら、最近の顔認識技術の進歩か、見事に認識されて宇宙人になれたのだった。よかったね。

羽生俊輔

横浜FC戦

私はスマートフォンこそiPhoneを使っているけれど、WEBサービス、たとえばメールとかカレンダーとかオンラインストレージとかは全部Googleのサービスを使っている。

iPhoneで撮った写真は自動的にGoogleフォトにバックアップされるし(9割ねこの写真だけど)、ロケーション履歴もONにしてるから私がいつどこへ行ったのかGoogle先生は全て知っている(ほぼ毎日家にいるか、近所のスーパーへ買い物に、なぜかいつもうんこが散乱している道を、それを踏まないように通って行くだけだけど)。

Googleになんでもかんでも知られるのを嫌がる人もいるだろうけれど、私は別に気にせず、むしろ引き換えに得られる利便性にあやかるため、積極的にデータをGoogleに集約してるのだった。

そんな私のことをなんでも知っているGoogle先生は、私が加地さんサポーターであることも当然知っており、iPhoneの「Googleアプリ」を通じてファジアーノ岡山の予定を通知してくれるので、今回の横浜FCとのアウェイ戦があることを忘れずにすんだのだった。

ところがその通知を開いて現れる画面は、しれっとこんな内容になっていたのである。

Google先生の罠

「競技場: 三ツ沢球技場」

危ない。完全にGoogle先生を信用していたので、チケットを買おうとして1500円でS自由席にビールがついてくる、っていうおかしな価格設定のチケットの存在を知って本当かこれ?なんかの間違いか?と確認のために横浜FCのサイトをよく見なかったら、私は三ツ沢へ向かうところだった。

まあ、Google先生も間違うことがある。気を取り直して日産スタジアムへの行き方をGoogleで検索、的確な乗換案内にしたがって、時間どおり無事に到着したのだった。1500円のチケットでビールももらえたしS自由席にもちゃんと入れ、セブン-イレブンのおにぎり100円でビールに合いそうな濃い目の味を選んで買ってきたのを食べつつ、念のため、って岡山のスタメンをチェックすると、あれ、加地さんの名前がない。スタメンどころかベンチ入りすらしておらず、どうやら遠征に参加していないようなのだった。

そんなばかな。じゃあ私はビールを飲むためだけに、わざわざ日産スタジアムへ出かけてきたのか。試合が終わり帰宅して家の者に「加地さんいなかった」と言うと、「あー、GWだから家族サービスじゃん?」ってそうなのか。サッカー選手がそんな理由で試合を休んだりするものだろうか。でも出場停止でもないし、怪我のニュースもないし、いったいどうしちゃったんだろう。

そうだ、こんなときこそGoogle先生だ。先生ならきっと加地さん欠場の理由も教えてくれるはずだ。早速検索してみるとさすが先生、Googleストリートビューにその答えが見つかったのだった。

加地さん@ストリートビュー

間違えて三ツ沢へ行っちゃって慌てる加地さんの姿がそこに。どうやら加地さんもGoogleヘビーユーザーだったようだ。

新ユニフォーム

日本代表シンガポール戦。この試合でお披露目された新デザインのユニフォームは生地がさらに薄くなっているのか、清武のそれがバッサリと縦に裂けてしまったのだった。裂けユニで思い出すのはやはりまるではっぴみたいだった柳沢だけれど、清武は背中側を裂いてかっぽう着風の着こなし。

隣で観るともなく観ていた家の者がぽつりと、「裂けやすいんだ…パンツも…?(ゴクリ)」ってパンツはたぶん裂けない、っていうか今日は出てないようっちー。

ところでその新ユニフォームを紹介するadidasのサイトの写真がなんだか無駄にかっこいいのだった。まあよく見ると宇佐美が香川の後頭部に何かを見つけてしまってたり、うっちーが背中のタグがチクチクしてイライラしてたり、酒井高徳が「俺の未来!!」の瞬間だったりはするけれど。

我らが加地さんがこのモデルをやったら、きっともっとかっこよくキメてくれるに違いない。それにこのユニは加地さんに似合うのではないだろうか。加地さんが代表に復帰して本当に着てくれたら一番なのだけれど、ひとまずここは得意のコラで着せてみることにする。

ハンガーとしての加地さん

ハンガーとなってキメる加地さん。うん、似合ってる。

加地さんハンガーバナー

東京ヴェルディ戦

ダンス

レッツ・ダンス。

ここにはいちいち書かなかったけれど、3月の千葉戦はうっかりすっかり忘れて家で昼寝をしていて、7月の大宮戦はちゃんと覚えてて行ったのに加地さんがどこにもおらず、それでようやくヴェルディ戦で今シーズン初の加地さん観戦となったのだった。

まくり上げる加地さん

シャツをまくり上げ腹部を露出しながら見つめる事案が発生。

挟んでみる加地さん

ふとももの間にちんちんを挟んでみる事案が発生。

自首する加地さん

「おまわりさんこの人です!」
「はい、私が変態です」

そんな加地さんは後半早々に逮捕、じゃなく途中交代でベンチに下がってしまったので、そこからは私も試合そっちのけでベンチを観察することになり、でもおかげでこんなシーンを目撃することができたのだった。

ちびちび加地さん

激レア、ボトルでチューチューじゃなくコップでちびちび給水する加地さん。

って別にレアっていうかよく見ればただふつうに水を飲んでる人の写真なんだけど、でもやっぱり加地さんの給水といえば、基本はチューチューなのである。

チューチューとことこ

Choo Choo TOKOTOKO。

ナルシスティックな加地ヒトリ

ナルシスティックな加地ヒトリ、2015・秋。

二個

アジア杯を観ていたら韓国代表にまだチャ・ドゥリがいるので、長いな、何歳なんだろう?あれ、加地さんと変わらないじゃないか、へー。とかWikipediaを見ていると、名前の「ドゥリ」は朝鮮語で「ふたつ」の意味なのだという。さらに姉はハナ=ひとつ、弟はセチ=みっつ、ってなんだそれ、一個、二個、サンコンか。父親のチャ・ボングンはどういうつもりでそんなふうに名前をつけたのだろう。

わからない。わからないんだけど、父親が監督でサッカー選手の息子の名前が「ふたつ」、ってなんかどこか他にもいたような気がしてずっと考えていたら、そうだ、2006年W杯、QBKが生まれたあの試合の相手、クロアチアの監督ズラトコ・クラニチャルの息子が、ニコ・クラニチャルなのだった(参考:クロアチアについて学ぶ)。

サッカー監督の息子の名前は二個の法則。なぜなんだ。金玉の数か。タッチザウォールか。ウェイウェイウーか。わからない。謎である。まあ、実例はこの二個しかないんだけど。

キビ亮

すっかり更新が遅くなってしまい今さら、って感じだけれど、やはりこの話題だけは取り上げておかないわけにはいくまい。

Bitte カップのフチに舞い降りたサッカー選手 フチ田篤人

なにこれほしい。内田とフチ田ってうまいこと考えたな。いやでも、だったらこれでもよかったんじゃないのか。

フチ亮。

いや、あの、加地とフチです、念のため。って説明が必要なほど無理があるけれど、でもそっちのほうが私はほしかった。

フチ亮

悪くない。Bitteに対抗してほかでキャンペーンやらないだろうか。TimTamとか。

っていや、そんなことよりもっと大事なニュースがあったのだった。ついに今シーズンの所属チームが決まったのだ。

結局はJ2のチームということになり、ちょっと残念な気持ちもなくはないけれど、でも今シーズンのJ2はなかなかおもしろそうで、黄金世代の仲間の小野や稲本が札幌にいたり、ガンバでチームメイトだった橋本や中澤がセレッソに移籍したりして、対戦が今から楽しみだ。

昨シーズンは必ずしも納得の一年ではなかったはずだし、今年は試合に出てゴールもたくさん決めてくれ、私も応援に大宮へかけつけるぞ、がんばれ播戸。

その播戸と、加地さんもまた対戦することになったのだった。ファジアーノ岡山。ヤギからキジへ。キジ亮。

2ステージ制でどうなるのか未知数のJ1を尻目に、加地さんが舞い降りた今年のJ2は盛り上がること間違いなしである。

フチ亮

大惨事バージョン。

三冠

昇格プレーオフを勝ち抜き勢いに乗っている山形を退け、天皇杯優勝。ガンバ大阪はJ1昇格シーズンに、リーグ、ナビスコ、天皇杯の三冠獲得という偉業を成し遂げたのだった。

なんか全然、おもしろくない。

開幕当初はなかなか勝てなかったチームが、加地さんが移籍で抜けてからは怒涛の快進撃。なんだよ、加地さんなんかいなくても、っていうか加地さんなんかいないほうがいいのかよ。加地さんは手紙だけ書いてりゃいいのか。最初から加地さんがいなかったら10冠くらいできたってか。あとの7冠がなにか知らないけど。愛は勝つか?真珠夫人か?

そりゃあ確かに加地さんは勝利が第一っていうよりは、大惨事でピッチに笑いをもたらすことを優先しがちで、でも、ボケてボケて勝て勝てホームやぞ、ってそれでも勝っていくのがガンバじゃなかったのかよ。

おまけに移籍先のチームが消滅した加地さんは、パンチョ伊東からも声がかからず、むしょ(略)になってしまった

違う、おかしい、こんなはずじゃなかった。

移籍先ですぐにスタメンに定着した加地さん。加地さんのふんわりクロスを初めて見る相手チームはそれに全く対応出来ず、おもしろいようにゴールが決まる。低迷していたチームは残り試合を全勝して逆転優勝、加地さんはシーズン途中加入にもかかわらずMLSの年間MVPを受賞。さらにはピッチ外でもそのスベり芸がアメリカ人の目には新鮮に映り大受け、全米の人気者に。

一方のガンバは勝利の女神からも笑いの神様からも見放され、一年でJ2に逆戻り。翌年以降もなかなか勝てず、J2にすっかり定着して何シーズンも過ごすはめに。サポーターは痛感する。ああ、やっぱり加地さんの存在は大きかった。加地さんがいればもっと勝てた、かどうかはわからないけれど、たとえ負けてもそこには笑いや癒やしがあった…。

そしてある年のシーズン開幕直前、ガンバの新加入選手発表会見の席に、Jリーグでは珍しいアメリカ人選手の姿があるのだった。

アキラ・カジ。

毎シーズンコンスタントに活躍し、すっかりMLSの顔となった加地さんは、ついにアメリカ国籍を取得。キャリアの最後に古巣を救うべく、助っ人外国人アキラ・カジとして、ガンバに戻ってきたのだった。

カジさんはサポーターに熱狂で迎えられ、以前と変わらないスタミナで右サイドを走り抜け、アメリカで鍛えたフィジカルで故障もなく全試合フル出場、本場仕込みのアメリカンジョークでガンバの新スタジアムを沸かせる。そして長い長いトンネルを抜けたガンバは翌年ついに、この舞台に立ったのだった。

J3。

違う、おかしい、こんなはずじゃなかった。

再会

結局チーバスUSAは解散が決まってしまったらしい。加地さんはドラフトで次のチームを探すみたいだけれど、そこで「第一回選択希望選手、加地亮」とパンチョ伊東に呼び上げられなかったら、もしかして無職になってしまうのではないか。アメリカ人になるのが目標の加地さんだから、だからといって簡単に日本に帰ってくることはないはずで、きっとアメリカのハローワーク的なところに通って仕事を探すのだろうな。

と思ったら、どうやら加地さんは今、帰国しているらしい。あ、やっぱり日本のハロワに行くんだ。と思ったらそうではなく、スカパーの解説のアルバイトをしに来たのだった。

そうか、それは見届けなければ。しかし残念ながらいまだに私はスカパーを受信できるアンテナを持っておらず、ならばスタジアムに駆けつけるしかないと、電車に飛び乗ってたどり着くと、いた。久しぶりの再会だ。

羽生と。

しまった、スタジアムを間違えてしまった。羽生からのメッセージを、もうすっかり役に立たないと思っていた私のアンテナが受信し、味スタに呼び寄せられてしまったのだ。

手からボールにエネルギーか何かを注入する羽生。

目からビームを出したりしてないとアピールする羽生。

ウミガメの産卵を見守る人々。「がんばれ!」「産まれた!」

羽生ヒトリ、2014・晩秋。