各紙加地大賛辞

加地先制アシスト 運動量豊富
クロスに進歩、加地の突破が攻撃の起点
加地、敗戦にも光
アシスト加地に世界が熱視線

加地さん、ちょっとほめられすぎじゃないのか。嬉しいような、でもなんだかちょっと不安なような気がするのは私だけでしょうか。この夢がいつか覚めてしまうのでは、という不安。って、夢なのか。

メキシコ戦は加地さん代表デビューから30試合目だった訳だが、30試合で初アシスト(もしくはゴール)というのは歴代4位の遅さであるという(リンク先の表中の通算試合数は間違っている)。4位か。どうせならぶっちぎりの最下位を達成して欲しかったような気もするし、ジーコジャパン不動のスタメンの加地さんにならそれも可能だったであろうが、でも松田が40試合目のゴールで最下位であることや、奈良橋が38試合アシストなしだったことはあまり私たちの記憶にない。しかし加地さんの、上げても上げても決まらないクロスは、永遠に私たちの記憶に刻まれているはずだし、もしかしたらまた次の試合から刻まれ続けるのかもしれない。

記録より、記憶に残る選手、それが加地さんなのだ。

「各紙加地大賛辞」への9件のフィードバック

  1. 小倉隆史と
    加地 亮はレジェンドプレイヤーとして
    永遠に僕の記憶に留まり続けると思います。

    熱狂的・名古屋サポの僕のハートを釘付けに
    する男・加地さん。
    なぜこんなに好きなのだろうかと冷静に分析
    すると、
    加地さんは名古屋にいるタイプの選手だからだと
    判明。
    滝澤(現・千葉)と古賀を足して2で割らない感じ
    が名古屋っぽくてたまらない。

    来期は、是非ともアーセナルか名古屋でプレー
    して欲しいものです。

  2. ロベカル未招集でした。 加地さんのドリブルにぶち抜かれるのを見たかったのに・・・。 残念。

  3. >>Dさん
    どうなんでしょうか?確かに以前から掲示板などで「加地さんは1アシストしかしてない」という書き込みは見受けられました。いずれにしても、なかなか決まらないクロスがそこにあることには違いないのです。

    >>しんいちさん。さん
    加地さんの伝説は今まさに生まれ続けている最中です。それをリアルタイムで目の当たりにできる幸せ。アーセナルか名古屋ですか…現実味があるのは…前者?

  4. その1 アシストはインド戦で決めていた…はず。

    その2 「ロベカルでなくてゴメンな」と子どもに語りかけていたことを思い出しました。

  5. ↑あら…既出だったのですね。失礼。しかし実際、加地君は子どものお相手が本当にお上手です。

    ただ「保育士さんの夢」は、いろいろ調べるうちに結構取得が難しい資格だと分かってきたせいか、最近トーンダウンしているような(笑)

  6. >>Emisennaさん
    ということでちゃんと調べました。ご指摘どおり、インド戦でアシストしてますね。でも記録より記憶に残る選手の加地さん、10年後くらいに「昔代表に加地っていたよねー、あいつ結局アシスト0だったんじゃなかったけ?今なにやってんだろ?保育士?」などと噂されていそうです。

  7. はじめまして。
    今さらですが、インド戦は小笠原選手のゴールのアシストでしたよね。大量得点(7点くらい?)だったため印象が残ってない方が多いのだと思います。私は「昨日のアシストみた??」と周囲に言いまくってたのを覚えてます。

  8. >>oliveさん
    コメントありがとうございます。
    大量得点のどさくさにまぎれてこっそり初アシストを決めるなんて、控えめな加地さんらしくて好感が持てますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です