トロフィー

TVをつけるとトヨタカップの組み合わせ抽選会の中継をやっており、その中で新しくなったトロフィーのお披露目があった。6大陸をあらわす6本の柱が丸い地球を支えるデザイン。ぴかぴかに輝くそれを見ていると、私の心の中にまた長年の疑問がよみがえってくるのだった。

トロフィーって、何だ?

何かの大会で、優勝した選手やチームに与えられる、トロフィー。手にした者は喜び、それを高々とかかげ、キスをする。でもあの物体って一体、何なのだろう?

似たようなものに優勝カップがあるが、あれはあきらかに「杯」である。勝利の美酒を飲むための杯が、形だけ残して優勝の記念品となったものだろう。でも、トロフィーは、よく分からない。

一般的にトロフィーと聞いてイメージするのは、金色に輝き、台座から装飾的な柱が4本くらい高く伸び、その上に球体や杯様の物体が乗り、さらに頂には競技にあわせたこれも金色の小さな人形が乗っている、そういう物体である。柱とか球体とか人形とかその他の装飾の集合したあれは、全体として何を表しているのだろう?

よく分からない。なにしろそれは、何にも似ていないのだ。柱があるからといって建築物にも見えないし、杯様の物体があしらわれてはいるが全体としては杯ではない。私はこのことが昔から疑問で、考え続けているが答えは出ない。今ふと、あ、そうか、と分かった気がした。

あ、そうか。あれはトロフィーを表しているんだ。

間違っている。間違っているが、もしかしたらそれこそが真実なのかもしれない。

「トロフィー」への3件のフィードバック

  1. でもワールドカップはトロフィー型なんですよね、その辺微妙です。いつか加地さんがトロフィーをチームの誰よりも早く掲げるときは来るんでしょうか。
    加地さんと言えば、スポーツYeah!で加地さんのインタビューが載っています。中々良かったですよ。

  2. スペイン語ではカップを授ける大会はCopa〜、トロフィーを授ける大会はTrofeo〜と使い分けています。日本語にはその習慣がないのでどっちも〜杯と訳されますが。でも、エテバンさんがおっしゃるように、ワールドカップはトロフィー型なのにCopa del mundoと言うんですよね。不思議です。

  3. >>エテバンさん
    W杯のトロフィー、謎ですね。てっぺんに小さなくぼみがあって、実は杯としても機能するとか?トロフィーを掲げる加地さんもいいですが、それをそっとピッチの上に立てるところが見たい私。

    >>加地マニアさん
    スペイン語情報ありがとうございます。ということはつまり、勝者への記念品としてカップやトロフィーがあるのではなく、まずカップやトロフィーがあり、それを賭けた大会、という考え方なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です