加地さんと対戦できる幸運

W杯のグループリーグ組合せが決定した。日本の対戦相手は、ブラジル、クロアチア、オーストラリアであった。

組合せは建て前上抽選で行われることになっているが、それでも、各国のサッカー協会からFIFAへの水面下の働きかけはものすごかったに違いない。FIFAの事務局にはワイン、コーヒー豆、バナナ、小麦、ガラス製品、ダイヤモンド、自動車、チューリップなど、各国の名産品が続々と送られてくる。一筆書き添えて。

「加地さんとの対戦をわが国にぜひ」

全世界のサッカー選手憧れの的、加地さん争奪戦。サッカー選手なら誰しもが加地さんと同じピッチに一度は立ちたいし、そしてそのチャンスは今度のW杯が最後かもしれない。

各国からのお歳暮攻めで、もうお腹いっぱい、これ以上食べられない、バナナなんか黒ずんできちゃってヤバいと判断したFIFAはここで名案を思いつき、各国に(もちろん水面下で)通達を出した。

「加地さんのグループにはブラジルも入るけど、それでもいいなら、いいよ」

同じグループリーグに前回優勝国ブラジルが入っても、それでも加地さんとの対戦を望むなら、させてやろうじゃないかというのだ。加地さんとは対戦したい、でも出来ればグループリーグも突破したい。ジレンマに悩んだ各国は次々と申し出を辞退。それでもやりたい、という2ヶ国が残り、それがクロアチアとオーストラリアだった。

FIFAとしても決勝で開催国ドイツと、ブラジルもしくは加地さんが対戦すれば非常に盛り上がるわけで、だから加地さんとブラジルが同一グループになるのは必然だったのだろう。

加地さんとの対戦が決まった各国の選手は、それぞれ今からその日を楽しみにしているのだろう。ふんわりクロスが生で見れる、とただの加地さんファン気分の選手。誰も触れなかったふんわりクロスをパンチングしてみせると意気込むキーパー。加地さんをぶち抜いてその目の前で加地さん以上のふんわりクロスをあげてやろうとライバル心を燃やす左サイドの選手。試合終了後に加地さんの汗まみれのユニフォームをもらうんだ、それで出来ればハグとかして、あのりんごほっぺに自分のほっぺをくっつけて、ああ…と興奮が抑えきれないHGな選手。それぞれの思いを胸に、いよいよあと半年。

「加地さんと対戦できる幸運」への14件のフィードバック

  1. オーストラリアの守護神シュウォーツァーは、初めてのワールドカップで加地さんと対戦できて光栄と思ってるんでしょうね。

  2. 加地さんも将来はあの抽選をやるのでしょうね。
    そして、すぐ日本に戻って天皇杯を戦うのでしょうね。

  3. なるほど、オーストラリアもクロアチアもジーコジャパンになってからは対戦してないない(加地さんとは対戦していない)国ですね。
    そんなチームが加地さんのふんわりクロスに反応できるはずもないので、日本の2位以上は確実ですね。

  4. いやーっ、ロベカルと加地さんの夢のマッチアップが実現ですか。大惨事でも大賛辞でもいいから、今から楽しみ…

  5. 加地さんと対戦したいという願いが届いたブラジル、クロアチア、オーストラリア。
    2度も対戦できるブラジルは幸運です。

  6. こんにちは。
    「このブログがすごい2006」をフライング気味に読んでここを知りました。
    こんなにおもしろいブログのようなものの存在を知らなかった自分のネット音痴ぶりに、今更ながら驚かされています。
    加地さんってホントに幸せ者ですね。

  7. 加地さんがガンバに来るのは嬉しい限りです。
    FC東京のサポーターの方々には申し訳ないですが・・・
    関西のファンはあのふんわりクロスを「ギャグ」として受け入れるかどうかは分かりませんが、縦走りとして最強に貢献してくれることでしょう。

  8. はじめまして〜。
    今日はじめてコチラを拝見して、
    すっごく気に入ったので当ブログよりリンクを貼らせて頂きました!
    報告する方法がコチラしか見つからなかったので、
    こんな形でのお知らせで申し訳ありません;;

    ガンバに行っても、代表に行ってもかっこいい加地さんをこれからも見たいです!

  9. せっかくFC東京の加地さんユニを着て練習に励んでたんですが、今度はガンバの加地さんユニを買わなければなりません。
    加地さんがどこに行っても応援しまくりましょうね、kajidaisanjiさん!

  10. >>加地亮太さん
    そして初めて生で見るふんわりクロスに驚き、一歩も動けないに違いありません。

    >>プヨンプさん
    本当は今回も声がかかったのに、控えめな加地さんはゴンに譲ったらしいです。天皇杯、観るの忘れてました…。

    >>HATSUさん
    初めて見るふんわりクロスにDF全員硬直。放物線の先には師匠が。もらった、と思いきや、師匠は目を閉じて願い事。そこへ駆け込む高原、ボレーシュート、キーパー動けない。ガン!…クロスバー。

  11. >>もんもんさん
    ついにサッカー教室ドタキャンの借りを返す時がきますね。ロベカルが恐れをなして逃げ出さなければ、ですが。

    >>環さん
    今やW杯に出場することより、加地さんとの対戦することの方を夢や目標として語る選手が多いとか。

    >>タップさん
    そのようですね。でもどこへ行っても加地さんは加地さんです。ガンバでも今までどおり、私たちを楽しくさせるプレーを見せてくれるでしょう。

  12. >>ビーノさん
    同じページなんかに載ってしまってすみません。ビーノさんの素晴らしいブログに比べれば、私のこのブログのようなものなど存在しないも同然です。

    ふたたび
    >>HATSUさん
    加地さん獲得おめでとうございます。ふんわりクロスをギャグとして受け入れるもよし、癒しとして受け入れるもよし、ある種のアイロニーとして受け入れるもよし…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です