エロスなお菓子

加地さんにはエロスが足りない、そう心配し、でも癒しがあるからいいじゃないか、そんなふうに思っていた私だったが、頂いたいくつかのコメントを読み、加地さんからエロスを感じる女性がいることを知った。よく考えれば当たり前のことで、つまりエロスの感じ方は人それぞれだということだ。だから加地さんにも、エロスは、ある、十分に。お詫びと訂正だ。こんな私にもエロスはあるだろうか。まあ私のことはいいか。

だから見る者全てを癒すと評される、加地さんのあのふんわりクロスの中にエロスを見出し、ハートがとろりととろけるような気持ちになる女性(あるいはある種の男性)もいるかもしれない。いや、いるのだろう。だからこんなお菓子がある。

¤դó¤ï¤ê¤Ȥí¤ê

「ふんわりとろり」。丸いその形は、加地さんがドイツの大空へ蹴り上げたドイツW杯オフィシャルボール、チームガイストをイメージ。ドイツW杯観戦土産にぴったりのお菓子だと言えよう。ただしお菓子そのものはFIFAオフィシャルでもなんでもなく、加地さんの許諾も得ていないからか、販売元の「築地ちとせ」のサイトには載っていない。裏メニューだ。お店で店員に「エロス8個入り」と耳打ちすれば、買える。

「エロスなお菓子」への4件のフィードバック

  1. 「加地さんをオマージュして作られたあのおかし」ではどうですかね?

  2. 加地さんバイエルン移籍で、ふわふわバームクーヘン発売!
    は気が早いですが、実現したらまさに加地大賛辞!

    そういえば名古屋行った時に中日スポーツに加地さんの特集が組まれてました。
    名古屋は胸スポンサーをトヨタから中日新聞にかえるべき。

  3. >>rikkaさん
    たぶんそっちの方が間違いないですが、ぜひ「エロス」でチャレンジしてみて下さい。

    >>リンダリンダさん
    「あ、あの、ご本人には内緒なんでその名前は…」とあわてる店員が見られるでしょう。

    >>加地亮太さん
    ふわふわバームクーヘンがとても食べたい、バームクーヘン好きの私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です