応援ボード

昨日のコメント欄に、加地さんが大好きだという高校生(おそらく女性)から相談が寄せられた。フィンランド戦で加地さんの応援のため掲げるボードに書く言葉を考えてほしいという。私なんかに相談するのは間違っているのではと思うが、せっかくなので考えてみたい。

通常ならば「加地マジ大賛辞」をまずはお勧めするところであるが、相談者は“私(相談者)に相応しい言葉”を求めている。加地さんを愛する女子高生に相応しい言葉、それは愛情表現だ。

「ハートが加地」

加地、のところに炎をあしらって、加地と火事をかけていることを強調。イマイチか。では対戦相手を踏まえてこんなのはどうだ。

「カジ・スキヤネン」

「好きやねん」をカタカナで書くとフィンランド人の名前っぽい。まあ加地さんは日本人なんだけど。では、普通の女子高生はベッカムとかにきゃーきゃー言ってるけど私は違う、ということを表現してみる。

「加地<ベッカム」

不等号の向きとか細かいことにはこだわるな。

「守れ!川口」とか「決めろ!久保」とかの命令系はどうだろう。

「癒せ!加地」

癒せ、って命令されても困るか。じゃあもう少し漠然とした感じで。

「頼む!加地」

「今日こそ」「たまには」「お願いですから」なんかでもいい。

「訳せ!鈴木通訳」

言われなくても訳す。

加地さんを大賛辞する賞賛系はどうか。堀池の“巧”を真似て、右サイド職人の加地さんを“匠”と称してみてはどうだろう。

「匠・鍛冶」

刀鍛冶になってしまった。サムライブルーを支える裏方。違う、加地さんはピッチという舞台の主役だ、もっとデカくいこう。

「世界は加地を待っている」

デカいぞ。W杯を意識して「ドイツのピッチは待っている」でもいいだろう。ただここでも“うっかり”には注意だ。

「トリノは加地を待っている」

加地さんが出るのはオリンピックじゃない。万一そうだったとしたら、そろそろ出発するべきだ。

「マンションの前で待ってます、会ってくれるまで待ってます」

いくら好きでもストーカー行為はいけない。スタジアムからの出待ちくらいにしておこう。

いろいろ考えてはみたものの、普通に女子高生が「加地」と書かれたボードを掲げているだけで十分ネタになるような気もするが、しかし相談者が求めているのは“一癖も二癖も効いた文句”だ。ならば少し癖を効かせてみる。

「加持」

まだ癖が足りないか。ええい、じゃあもうこれでいこう。

「駒野」

お気に召した言葉はあっただろうか。

「応援ボード」への7件のフィードバック

  1. 人としてふんわり感や、やんわり感をいつも忘れないようにということで

    「いつも心に加地を」

    ってのはどうでしょう?

    ただこれはピッチ上の加地さんに向けてというより、観客に向けてのボードになってしまうけど・・・。

  2. 真面目にキチッと「ふんわりクロス」

    スパサカなり、やべっちを観てると、CMでよく流れる「ポケットバンク」のキャッチフレーズを加地さん用にアレンジしてみたり。

    かつては真面目にキチッとふんわりクロスを上げてた加地さん。
    最近ではあまり「ふんわり」してくれなくなりましたね…

  3. 「トリノは加地を待っている」に勘違いした代理人がユヴェントスに通報、めでたくユヴェントス移籍ってのはどうでしょう?

    妄想が過ぎました・・。

  4. 間違って現在セリエBのトリノに移籍しなければいいんですが・・・

    私は「加地加地加地ホームやぞ!」
    を推します。

  5.        金属バット
           呪いに
           勝て!KAJISAN

    …すいません、アジアカップ時の弾幕のパクリです。

  6. >>リンダリンダさん
    ボードの裏に書いて後ろの席の観客に見えるようにすればいいですね。

    >>庭さん
    CMにあわせて歌ってしまいそうです。

    >>t2hさん
    加地さんが天才なんです、きっと。

    >>yukkiyさん
    いやいや、W杯後にそれは妄想ではなくなるかも…

    >>HATSU さん
    ガンバの試合で誰かが掲げそうですね。

    >>もんもんさん
    呪いには勝てそうですが、金属バットとまともに勝負するのは危険ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です