新潟戦

加地さん率いる大阪は新潟と対戦。ACLから中3日のスケジュールでコンディションが心配されたものの、結果は74−64で大阪勝利、初代王者に輝いた、ってなんかおかしいな、だってさっきまで観てたNHKの中継では0-1で負けたような気がしたし、いくらなんでも74点は取りすぎじゃないか、っていうか王者ってなんだよと思ったらこれはバスケットの結果だった。同じ日にサッカーとバスケで大阪と新潟の試合があったのだ。

新潟はバスケもアルビレックスなのだな。いわゆる総合スポーツクラブというやつか。一方バスケの大阪はガンバとは関係がなく、その名を「大阪エヴェッサ」というらしい。エヴェッサ。何か、嫌な予感がする。まさか、いくらなんでも、そんなことはないよなあ、とオフィシャルサイトで確認してみると、ああ、やっぱりそうなのか。

エヴェッサ=えべっさん。

大阪である。

それはさておき加地さんはといえば、やはり中国へ行ったり加地ちゃんのおむつを換えたり東京から川崎まで走りながら笛状のものを吹いたりのハードなスケジュールがたたってか運動量も少なく見え、しかしそんな中でも前半と後半に1本ずつ、ゴール前をふんわりと横断して無人のスペースにぽとりと落とすクロスを放って見せ、間近に迫ったW杯メンバー発表に向けて猛アピール。その美しい放物線とピンポイントの精度は、代表監督のジーコはもちろん、もっと別なチームの監督の目にも留まったかもしれない。

加地さん、大阪エヴェッサに電撃移籍。

右脚から放たれる3ポイントふんわりシュートでゴールを量産だ。

「新潟戦」への6件のフィードバック

  1. 某TV番組では脚より手をつかうのがうまかった三都主と福西にそのへんは任せたほうが。

    いまは子育てに専念、次にガンバでよろしく加地さん。

  2. ハードスケジュールが加地さんの精神に悪影響して
    Sなもうひとつの人格を生み出したのかも。
    笛事件の犯人は加地さんじゃないと信じたいけど

  3. そうか、あのふんわりくろすの軌道はスリーポイントシュートの軌道だったんだ!納得納得。

  4. いいですね、ダンディで華麗な加地さん。でももし加地さんの右足が、バスケのボールの重みで傷付いてしまったら…。そんなの嫌だぁ!!大阪エヴェッサには移籍させないぞ。

    アルビレックス。県民投票で決めた名前らしいです。

  5. >>drunkdrummerさん
    フルート>子育て>ガンバ>W杯

    >>プヨンプさん
    でもよく考えたらこっそり吹いてちゃんと返却するなんて、心優しいSですよね。

    >>もんもんさん
    サッカーに3ポイントゴールがないことが悔やまれますね。

    >>のうっちさん
    「エヴェッサ」については府民投票を実施しなかったんでしょうか。

    >>ぐりさん
    玉入れみたいな感じでしょうか。ふんわりシュートが有効ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です