何かの間違い

私はそういう、読む人に不快感を与えるかもしれない表現は大嫌いなので、今まで一切使ってこなかったのだが、ジーコは、好きなんだな。

日刊スポーツ ジーコ監督「便秘のような…」

得点力不足を便秘に例え、「(信じて続けていれば)一瞬のことでダーッと出る」などと、うんこジョークで報道陣を笑わせたのだという。好きなんだなあ、ジーコ、うんこネタ。「ダーッ」って、そりゃ出すぎだろう、便秘どころか下痢じゃないか。ならばジーコは、加地さんの弾丸シュートが入ったと思ったらポストで悔しい、というあの場面を、こんなふうに例えるのだろうか。

ついにうんこが出たと思ったらおならで、悔しい。

ジーコ公認のうんこネタはさておき。昨日私は「加地さんのW杯メンバーの選出は間違いない」などと書いてしまったが、ここへきて、なんだか不安になってきたのである。選出そのものは間違いないと思うのだが、それ以外のところで、何かの間違いがおこらないとは限らないのではないか。何かの間違いというのは、文字通り、間違い、ミスである。

23人のメンバーは本当にジーコしか知らず、誰もそれに対して意見したりはできないようだ。ジーコがどんな方法で協会側にメンバーを伝えるのか、口頭なのかメモなのか、案外きっちりWordで表組みしてたり、まさか明日の発表に使うPowerPointまで自分で作ってたりはしないだろうな。まあとにかく、そのメモなりに、例えば「Nakata」の名前が2つあったりした場合は、誰かが「これはヒデと浩二でいいんですよね?」と確認したりはするだろうが、そういうこと以外では、「え、松井は?」などと意見や質問したりはできないのだろう。

もしもジーコがうっかり間違いを犯したら?

ジーコがメモなりPowerPointなりを持ってくる。目を通す協会関係者。概ね予想通りのメンバーだが、なんと加地さんの名前がない。何かの間違いかと思うが、ジーコの選考に意見や質問は厳禁だ。そうか、これがジーコのサプライズか…。関係者はそれぞれ納得し、そのまま発表、FIFAに登録。ところが後日発覚したジーコのうっかりミス。「アー、KAJIノツモリダッタノニ、KAZUッテ打ッチャッタ」。

ジーコがタイプミスしないことを祈りつつ、その時を待つ。

「何かの間違い」への10件のフィードバック

  1. そのへんの裏紙にさらりと書いてくるかも。
    ごわごわしてるからもみこんできた…とかは無いと思う。

  2. 多分「ふせん」に名前が一人ずつ書いてあって、ホワイトボードかなんかにペタペタ貼っていくんじゃないかな?

  3. 結局ジーコは口で言いましたね。間違えるのが怖かったんでしょうか。
    加地さんおめでとう!これで莉比斗と名づけた意味ができましたね。

  4. 加地さん無事代表選出おめでとうございます。
    仕事サボってTVで見てました。

  5. 加地さんの代表選出おめでとうございます!
    ジーコの口から加地さんの名前がDFで最初に
    出たので、4バックでいくつもりなのか
    ただ単にジーコのお気に入りなのかと
    妙に詮索してしまいました・・・。

  6. よかったですね、タイプミスなくて(笑)
    スケジュール空けてあったらしいですからKAZUさん。

  7. >>drunkdrummerさん
    紙には最初何も書いてなく、言いながら書いていたように見えたのは私だけでしょうか。

    >>リンダリンダさん
    いいですね。それで加地さんのふせんがぺらっとはがれ落ち、ひらひらと宙を舞ったりして。

    >>梅さん
    「オーノ」と言ったのは本当に小野のことだったんでしょうか。大野俊三とか、アポロ・アントン・オーノのことだったということはないでしょうか。

  8. アポロ・アントン・オーノってどんぐらい分かる人いるんでしょ。つーか、日本人じゃないですし。

    遅くなりました。加地さん、kajidaisanjiさんおめでとうございます!

  9. >>もとさん
    少なくとも一人、分かる人がいてよかったです。つーか、競技も違いました、オーノ。

    >>河野サダカツさん
    キング夢の競演は2010年までおあずけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です