代表香港戦

日本代表がゴールを決め歓声がテレビから聞こえてこようとも、手元の編み物だかなんだかからその視線を動かすことのなかった家の者が、アナウンサーのこんなひと言に反応し「え?」と声をあげ、食い入るように画面を見つめたのだった。

「長谷部の前があいています」

いや、それ、たぶん“スペース”のことで、だいいちついてないんじゃないのかな、サッカーのユニフォームのパンツには、社会の窓。

「代表香港戦」への3件のフィードバック

  1. 過去に何度も繰り返し使われてきただろう
    「○○の前が開いてます」
    なぜ長谷部にだけ反応したのか 
    そこに興味が・・・。

  2. でも加地さんは以前開いてましたよね。上の方でしたが。
    オーストリアの大惨事というか奇跡というか。なつかしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です