J開幕

代表バーレーン戦について書かぬ間に、今季のJリーグが開幕。っていうかまあ、そもそもバーレーン戦、観てないのだけれど。ピタトがいない代表戦など、もう私にはなんの意味もないのだ。

そのピタト、っていうか、広島のユニはそれほどピタピタじゃない寿人が、開幕戦でユニークなPKを決めた。後ろ向きで立つ槙野がGKの注意をひきつけての、奇襲PK。これはおもしろいゴールだった。もう次からは相手キーパーも警戒してくるだろうから同じ手は使いづらいけれど、そうなったら今度はこんな手でどうだ。

全員後ろ向き。

槙野も寿人も、広島の選手全員が後ろ向きに立つので、キーパーは誰がキッカーなのかわからない。あ、槙野が振り返った、やっぱり槙野だ、と思いきや、槙野はまたくるりと後ろを向き、そこへ駆け込む寿人。できればサポーターも全員後ろ向きで。

これも相手に研究されてきたら、寿人ひとりでもできるこんなトリックはどうだろう。PKを蹴る前に、いくらなんでもそれはちょっとどうかと思うほどピタピタのユニに着替えて登場するピタト。ボールをセットするその動きは、体が締めつけられすぎてロボットのようにぎこちない。呼吸もつらそうで、顔色は真っ青だ。こいつ大丈夫か?と相手キーパーが心配したその瞬間、軽快に走り出してシュート、見事にゴールを決めるピタト。実はピタピタユニに見えたそれは、体に直接描いたボディペインティングだったのだ(ゴール後、下半身も裸にペイントであることがばれてレッドカード)。

ほかにも、縦一列に並ぶ、寝そべる(ビーチフラッグ的に)、主審の笛と同時に全員めちゃくちゃな方向へ走り出す、キーパーが自陣から猛ダッシュしてくるけど蹴らない、ボールをちんちんに押し付けてキーパーになんか触るのいやだなあと思わせる、タートルネックを着るなど、PKを蹴る側は相手をかく乱するトリックプレーをいろいろと考えることができるけれど、対するGKが、逆にキッカーを惑わす作戦はないだろうか。ときどき、じっとしていないで手や体を左右に揺らしたりするキーパーがいるけれど、それほど効果があるとは思えない。ここは思い切って、こんなことをしてみてはどうだろう。

後ろ向きに立つ。

キッカーに背を向け、ゴールネットに向かって両手を広げるキーパー。キッカーは、え、あれ、あの、蹴っても、いいんですかね、と動揺し、なんだか申し訳ないような気持ちになってシュートを外してしまう。

そんな作戦がうまくいくのかはまあさておき、加地さんのガンバも名古屋を相手に開幕を迎えたのだった。名古屋といえば加地さんにとっての要注意人物、マギヌンがおり、しかし今回は怪我もなく試合を終えてなによりであったが、ところで怪我といえば4年前に加地さんをあわやW杯メンバー離脱かという怪我を負わせたシュバインシュタイガーへの恨みをまだ忘れていない人もいるかもしれないけれど、このたび、シュバインシュタイガーは、私にとっての要注意人物にもなったのである。

現在ドイツでプレーしている永里のブログに、先日写真とともにこんな言葉が掲載されているのを発見したのだ。

(シュバインシュタイガーカッコいい【はぁと】)

シュバインシュタイガーめ…

「J開幕」への5件のフィードバック

  1. 開幕戦は各地寒そうでしたね…

    永里、そう来たか。

    (私も大迫勇也くんの体格がすき【はぁと】)

  2. 掲載されているシュバインシュタイガーの写真がなぜか槇野に見えます。
    加地さんはヨーロッパ(特に東欧)に行ってもモテそうな気がしますね。

    (ウッチーがウマナミであるはずがありません。というかウッチーのそれが想像できません。まるで一昔前のアイドルの様だ)

  3. 地デジ 入学式編のCMに出てた人を見て一瞬加地さんと勘違いしてしまいました。
    「ついに買った!」って言ってる人です。

  4. >>yuri★さん
    大迫ですか、そう来ましたか。ピタトの体格はいかがでしょう?

    >>ラスカルさん
    シュバインシュタイガー、確かに槙野っぽいですね。東欧でもモテモテの加地さん。そっち方面の、男性に?

    >>もこさん
    たぶんまだ見たことないです、そのCM。加地家の地デジ化は済んでいるんでしょうかね。

    >>megguさん
    呼ぶだけ呼んで、また左サイドで使うというひどい仕打ちをする岡ちゃん。なんてやめてほしいですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です