三浦淳(続き)

引用した言葉の主は、元日本代表、山口素弘である。この言葉は、1999年に出版された本の中で語られた。つまり三浦淳は、かれこれ6年以上、なかなか代表のスタメンに定着できずに「あと一歩」のところを行ったりきたりしているのだ。

ペルー戦に三浦淳は先発出場するだろうか。三浦淳の公式サイトによると、三浦淳の代表デビューは1999年6月キリンカップのペルー戦、そして代表唯一のゴールは1999年6月南米選手権のやはりペルー戦なのだった。

三浦淳とペルーには、何か運命的なものがあるのかもしれない。もしかして22日のペルー戦で三浦淳は大活躍し、ついに「あと一歩」を乗り越えて代表のスタメンに定着することになるのではないか。

頑張れ、三浦淳!ピンポイントクロスを上げまくり、ミドルシュートを打ちまくり、フリーキックを叩き込んで代表の右サイドの座をつかみ取れ!

・・・ん?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です