北朝鮮戦直前

気がつけばいよいよ決戦直前なわけだが、ここで加地さんではない別の選手の話をしたら加地さんは怒るだろうか。いや、やさしい加地さんは韓流スター顔負けの笑顔で許してくれるだろう。

なぜ中田浩二?

あの、何だっけ、外人、じゃなくてサントスが出場停止になった瞬間、次は三浦淳の出番だ、誰もがそう思ったはずだ。三浦淳本人もそうだろう。ところが、どうやら浩二らしい。何なんでしょう、ジーコ、そんなに三浦淳が嫌いか。嫌がらせのために召集してるんじゃないか、などといったら言いすぎだろうか。なんだか前回W杯の時の俊輔を思い出してしまうのは私だけでしょうか。

嫌がらせではないとしたら、ジーコは本職とは言えない浩二に何を期待して起用するのだろう。昨日引用したニュースのインタビューでも、浩二はクロスを入れる気はないようだし、だから私が考え付く理由はただひとつだ。

名前が「NAKATA」。

NAKATAの名前は今や世界のサッカー界で知らない者はいないし、対戦相手にしてみれば、出来れば相手チームにいて欲しくはない選手だろう。って、これはもちろん中田「英寿」の話である。でももしかすると、中田「浩二」の存在を知らず、ピッチ上にいるのが「世界のNAKATA」だと勘違いして、北朝鮮の選手が萎縮するかもしれない。ジーコはそれを狙っているのではないか。

まあ北朝鮮の選手もそんなにばかではないと思うが、もし仮に本当にジーコがそんなことを考えているのだとすれば、使いもしない三浦淳を招集し続ける理由もわからなくもない。

名前が「MIURA」。

日本のベンチにはあの三浦がいるぞ。相手チームにそう思わせるためだけの召集。

名前が「KAJI」なのに、海外組みじゃないのに、なおかつ鹿島の選手でもないのにスタメンで起用され続ける加地さんは、偉大だ。頼むぞ、加地さん。前へ前へクロス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です