祝・加地さんW杯出場

いた。確かにその場に、加地さんはいたのだ。

いや、ただいただけではない。試合開始早々にあわや加地さん→鈴木師匠という冗談のような、いや、夢のようなゴールか、という惜しいクロスを入れたし(ここでも絶賛。落ちがついてるけど)、後半リードしてからは、相手のチャージを受けると、韓流イケメン俳優顔負けの演技力でわき腹を押さえて倒れ、ほんのちょっと時間をかせぐ大活躍をみせ、日本のW杯出場決定に大いに貢献したのだった。

とにかくようやく、W杯出場が決まった。世界で一番最初だと言われても、やはり「ようやく」という言葉が似つかわしい気がし、嬉しいと言うよりはひと安心といった感じだが、また別の不安が出現したことは否定できない。

本番は大丈夫なのか。

結局、ジーコで出場を決めてしまった。ということは、W杯本番もジーコ監督でいくということだ。大丈夫なのか。このままのジーコジャパンで、果たしてグループリーグを突破できるのか。

そしてそんな不安とはまた別に、2006年のW杯は終わった、と思っている人もいるだろう。日本国席を持ち、現在のジ−コジャパンに名を列ねていない、サッカー選手たちである。怪我人でも出ない限り、まず間違いなくW杯も現在のメンバーで戦うのだろう。仮に怪我で何人か離脱したとしても、呼ばれるのは「かつてジーコが呼んだ事がある選手」に違いない。そうではない選手が、来年までのJリーグでどんなにゴールを決めようとも、ジーコジャパンに召集され、W杯に出場できる見込みはほとんどないのではないか。「得点」という数字でアピールできるFWはまだしも(それでも相当なゴール数が必要だが)、DFやGKはまず絶望的だろう。

翻って、加地さんサポとしては、これで加地さんの経歴に「2006年W杯出場」という栄光が刻まれることが確定的になったわけで、それは喜ばしいことである。今後加地さんが欧州のビッグクラブへ移籍しようとも、はたまた現役を引退して保育士になろうとも、キリンビバレッジの営業マンに転職して店頭のペットボトルをきれいに陳列していようとも、その栄光は色褪せることはないのだ。

とにかく加地さん、おめでとう。そして、ありがとう。

「祝・加地さんW杯出場」への8件のフィードバック

  1. いつも楽しく拝見してます(^-^)日本代表おめでとー。

    じゃあせっかくなので?加地さんレポートを書きます。長いです。
    チュンチュンと鳥の声が聞こえる中、加地さんのような
    平和的な試合が始まりました。
    前7分、加地さん挨拶代わりのゴールラインへのふんわりワロス。…ゴールキックです。
    前9分、困って師匠にパス!師匠も困って後ろへ。
    ここら辺、日本黄金ペアの風格すら感じます。

  2. 前11分、だめだ!加地さんはクロスを上げられない!
    前21分、加地さんためてためてためて…ワロスです…
    前42分、加地さんドリブルして抜こうとするが、
    きっと子供たちとの約束があったのでしょう。バックパスです。
    前43分、加地さんクロスを上げるか迷う。相手にカットされる。後ろからファウルで止める。
    松木「うーん、加地orz」
    前半終了

  3. 補足前13分、フリーで持った!宇宙開発シュート炸裂
    松木「無観客でよかった(あっぶねー加地さん人殺す気でつか?封印したキャノンシュートをここで使うとはアセアセ)」
    後?分、加地さんから稲本へいいパス!稲本クロス、
    ヘディング外れる。稲本の方が精度がいいような…
    後?分、田中と北選手競り合う。加地さんヘルプに行く。と見せかけて様子を見る。
    タッチラインを出たので手を上げる加地さん
    後?分加地さん競り負ける

  4. ついに勝利!!
    最後は涙をこらえきれない加地さんが見れました(^-^)
    データ
    クロス1
    ワロス3
    バックパス9
    ワローイング1
    ドリブル成功率(0/1)

  5. 加地さんをいっぱい見て気づいたこと
    ○加地さんは止まってパスをだす。
    ○加地さんがクロスを田中選手に任せるようになってきた。
    ○加地さんが1対1でディフェンスをすることはなく
    かならず誰かがヘルプに来る。攻撃に専念できる加地さん。

  6. なんとも詳細なレポート、ありがとうございます。そう、加地さん、期待通りシュート打ってくれましたよね。宇宙開発まで期待通りでしたが・・・。

  7. 欧州でも中継を見られました!前半4分の相手を振り切ってのあのクロス、「やった!大賛辞」と思いましたが、出した先にいたのは師匠でしたか・・。あとは噂どおりの加地さんでしたね。まあ、コンフェデ、W杯本大会も期待しています。こっちの実況では「オガサワラ」と「ヤナギサワ」は言いづらそうでしたが、「カジ」は言いやすいようで、いい発音でした。

  8. 中継あったのですね。よかったです。
    柳沢がイタリアで「ヤナガシワ」と実況されたのは有名ですが、小笠原も「オガラサワ」と言われたことがありました。古いところでは98年フランスW杯のとき、小村は「オミュラ」。我らが「カジ」だけは世界共通語なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です