ドッツ

□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□■■■■□□□□□□■□□□
□□□■□□□□□□□□□■□□■□■□□□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■■■■■□■■■■□□■□□■□■■■□□□□■□□□■■■■■■■□■■■■■■□
□□□■□■□■□□■□■■■□■■■□■□□□■■□□□□□□□□□■□□□□□■□□
□□□■□■□■□□■□□■□■■□■□■□□■□■□□□□□□□□■□□□□■■□□□
□□□■□■□■□□■□□■□□■□■□■□■□□■□□□□□□□□■□□□■■■□□□
□□□■□■□■□□■□□■■□■□■□■□□□□■□□□□□□□■□□□■□■□■□□
□□■□□■□■□□■□□■□□■□□□□□□□□■□□□□□□■□□□■□□■□□■□
□■□□□■□■□□■□■□□□■□□□■□□□□■□□□□□■□□□□□□□■□□□□
□□□□■■□■■■■□□□□□■■■■■□□□□■□□□□■□□□□□□□□■□□□□

いきなり何を貼っているのだ、女子バレーに夢中になるあまり、ついに加地さん批判ブログに成り下がったのか、とお怒りかもしれないが、そうではない。

こんなものを見つけて購入したのだ。世代的に、こういうおもちゃには弱い。子どもの頃、方眼紙に色鉛筆でドット絵を描いて遊んだりしたのを思い出して懐かしい。

この「ドッツ」には、キャラクタを再現するためのお手本が付いてくるのだが、もちろん自分の好きなデザインで作ることも出来るので、何か作ってみようと思い、真っ先に頭に浮かんだのが、冒頭のアスキーアートだったのだ。

でもこの私がそんなものを作るはずがないではないか。っていうか、幅が足りなかった。いや、作ろうとしたら足りなかったということではない、断じて。

■ドッツ公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です