加地SON

最寄駅の構内放送で、迷子を知らせるこんなアナウンスが流れていた。

「5歳のなかむらしゅんすけくんを駅事務室で保護しています」

ホンジュラス戦のために帰国し、ついでにファミマへ行こうとした俊輔が、ひさしぶりの日本で道に迷ってしまい、なぜか私の最寄駅で保護されたらしい。だが、と私は頭脳をフル回転させて推理する。いや、これは俊輔じゃない。たぶん、俊輔と同姓同名の、別人が迷子になっているのに違いない。根拠ならある。

俊輔はたぶん、5歳じゃない。

まあそんなくだらない推理などはどうでもよく、気になるのは子どもに「なかむらしゅんすけ」という名前をつけた親の気持ちだ。しゅんすけくんが5歳なら、生まれた当時すでに俊輔は活躍していたはずで、あえてその名をつけたからには親は何らかの期待や願いを込めていたに違いなく、たとえばサッカーがうまくなってほしいとか、世界で活躍してほしいとか、いや、でももしかするともっとささやかな希望だったかもしれない。

ファミマへ行けますように。

そんな親はいない。もちろんイケメンになりますように、という希望だった可能性もあるが、それは言うまでもなく別のシュンスケだ。

さて、加地さんである。梶さんでも鍛冶さんでもいいが、今、男の子を授かった全国のかじさんのうち、その子に「あきら」と名づけようと思う人はいるだろうか。控えめな人になってほしいとか、心優しい人になってほしいとか、イジられキャラに育ってほしいとか、そんな願いを込めて。でも実在する人と全く同じ名前というのはつけるのがためらわれるものなのかもしれない。ではこれならどうだ。

さん。

名前が、「さん」。加地さん。

いかがですか、全国の加地さん、息子の名前に、さん。私がもし加地という苗字で息子が生まれたら、絶対につけないけれど。

「加地SON」への6件のフィードバック

  1. 加地さん。

    ということは、「加地さん」さん、もしくは「加地さん」くん、はたまた「加地さん」選手、と呼ばれることになるんですね。

  2. そういえば以前UGさんとこにこんなの出てました。
    シュンスケ違い。

    http://cgi.ebay.co.uk/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=5226609438

    ところで、最近になってまたBLUE CARDが次々貼られたようで。テロ朝仕事おそ。

    ID:133253
    ID:125674

    いずれも誹謗・中傷で蹴られることを恐れてビミョーな表現になっちまってますorz。
    これで以前のID:125272と併せて3枚になりました。

  3. 連投失礼します。 kajidaisanjiさんのとこにも来てると思いますが、たったいまBLUE CARD事務局からメールが・・・。

    >そして、全員のメッセージは「ブルーカードブック」となって、2005年9月7日(水)宮城スタジアムにてサッカー日本代表選>手に手渡す「ブルーカードブック贈呈式」が行われます!

    思わぬ展開です。 加地さんにも見てもらえるのでしょうか?

  4. サッカーが出来て、モデルや俳優をし、ファミマにいけるようになる。
     そんな夢の様な事ができるとイイですよね。

  5. >>ぺちこさん
    さんさん…。輝く太陽みたいでいいじゃないですか。

    >>theshophouseさん
    いやいやなかなかいいメッセージです。加地さんに私たちのメッセージが届くといいですね。

    >>HATSUさん
    いっそのこと加地惨事にしますか。確実にいじめられますね。

    >>あさん
    そんな男の子がいたらモテモテですね。ファミマにいけるだなんて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です