正直で信頼できる

もう他の加地さんの話はいいよと言われそうだが、我らが加地さんの復活にはまだ時間がかかるようだから、紹介する。

また別の、加地さん。会社社長、県警本部長、小学校校長など、人の上に立って活躍する加地さんは多いが、今度の加地さんも会長である。高松ゾンタクラブ会長。ゾンタクラブの会長をつとめるだなんて、さすがは加地さんだ。ゾンタクラブの会長になど、なかなかなれるものではない。なにしろゾンタだからな。

ところでゾンタって、何だ。

ゾンタクラブがどんな団体なのか知らないのは、私だけだろうか。「管理職や専門職の女性でつくる社会奉仕団体」と記事には書いてあるが、その名前からはもっと暗く、秘密主義でアンダーグラウンドな活動をする団体がイメージされ、女たちがろうそくを手に深夜の墓場に集まり、怪しい呪文や動物の生き血を使った秘密の儀式で死者を甦らせたりしていそうではないか。

高松ゾンビクラブ。

マスコットキャラクターは、ゾンビの「ぞん太くん」。

くだらない妄想はさておきゾンタクラブについて調べてみると、それは女性の地位改善や奉仕活動を目的とした、女性のための国際的な団体であるらしかった。気になる「ゾンタ」という言葉の由来は、ネイティブアメリカン・スー族の言葉で「正直で信頼できる」という意味なのだという。まるで加地さんのためにあるような言葉。ゾンタな加地一族なのだった。

「正直で信頼できる」への4件のフィードバック

  1. 世界共通語で正直で信頼できる=kajiという言葉を広めたいですね。mottainaiよりも。

    昨日サッカーの技術雑誌を読んでると2ページにわたって「カジドリブル」の詳細が。ほかの選手は実戦で使った技ばかり載っているけどカジドリブルはいつのまに?

  2. >>プヨンプさん
    カジドリブルですか。興味深いですが、それはもしかしてゆるゆると自陣方向へドリブルし、最終的にはバックパスするという高度な技術ではないですよね?

  3. なんかまじめな技っぽかった。ほかの選手のはネーミングを付けられてないのに(中村のフェイントしたドリブルでさえも)加地さんだけカジドリブルでした。

  4. >>プヨンプさん
    ですよね、やっぱり、加地さんの技は、まじめですよね。まじめっていうか…もしかして普通のドリブル?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です