ひとつ多い

多いからといって、偉いとか強いわけではない。

いや、それがサッカーのスコアだとしたら、もちろん多いほうが勝ちであるわけだが、私が言いたいのは、例えば背番号の数字が大きい選手のほうが強いとか上手いとか、そういうことではないという意味だ。加地さんはFC東京では20、代表では21と背番号がひとつ大きくなるが、だからといって代表での加地さんのクロスの質があがるというわけではない。あがるんなら200でも2000でもつけるだろう。

だからイチローより坂上二郎より北島三郎より伊東四朗より野口五郎より道場六三郎より相川七瀬よりタコ八郎が偉いというわけではないし、西条八十が偉大な詩人なのは数字が大きいからではない。

多いからといって、偉いとか強いわけではない。それでもどうしても、ひとつでも多くしたい、上回りたいと考える人たちがいる。

ひとつ、多い

多いからといって、よりおいしいとか、健康にいいとか、勝ちだとかいうわけではない、と思う。もちろん素直に負けは認める。認めるが、それは数字が多いからではなく、ただ単に、私が個人的に、負けたというだけの話だ。その太ももに

「ひとつ多い」への3件のフィードバック

  1. またパクりやがってええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!
    プライバシーの問題で特定の名前は出しませんが、なぜこの団体は平気で他人のオリジナルをパクるんだ?
    鋭いふんわいクロスを上げる可児纂の出現は物理的に不可能だと思いますが、 kajidaisanji さんの仰る通り、私も負けてしまいました。その部分に。

  2. あれれ?これはお茶の宣伝?それともふとm….
    まあこれがコリアン'sクオリティーですな。
    いやいやだまされませんぞ、私は。

  3. >>HATSUさん
    いくらなんでも、加地さんのパクりは無理でしょうね。それにしても、やっぱりあの部分には完敗ですよね。あの部分だけ逆にパクり返したいほどです。

    >>クリアファイルさん
    えーっと、たぶん後者の宣伝ですよね。最高です、後者。お茶はやっぱり17くらい必要ですよ、16じゃあちょっと少ないなあ(完全にだまされてしまった私)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です