ゆがみツール

先日のPhotoshopのアップデートで、「ゆがみツール」で目や口などのパーツを加工して、顔の表情を簡単に変化させることができるようになった。プリクラとかで目がでかくなるああいうことが、Photoshopでもできるようになったのだ。

そこら辺にあった写真を開いて「ゆがみツール」を選んでみると、顔認識が働き、眼や鼻のパーツがすぐに調節できる状態になる。あとはマウスで直接ドラッグしたり、スライダーで変化量を指定すると、ごく自然に目を大きくしたり、口を笑顔にしたりできるのだった。

ところでよくデカ目加工されたプリクラは「宇宙人か!」とか言われがちで、つまりこの機能を使えば誰でも宇宙人になれるのではないだろうか。早速加地さんを宇宙人にしてみよう。

宇宙人としての加地さん

なった。

ところで、この「ゆがみツール」のパラメーターは全て逆にも設定でき、目を小さくしたりすることができるので、もしかすると宇宙人を人間っぽくすることもできるのではないだろうか。

ノーマル羽生

さっそく宇宙人を捕獲。これより人間化に取り掛かる。

オペ中

マウスで目や口をいじっていると、なんだか手術台の上の宇宙人を解剖しているかのような気分である。そしてついに、我々は羽生を人間の姿にすることに成功したのだった。

人間としての羽生

人間、羽生。ものすごく自然じゃないか。こんな人、いそう。加工前の写真より、間違いなくいそうである。いや、実際いるのは、加工前の羽生なんだけど。

あまりに自然な仕上がりで、加工前後の写真を見比べていると、だんだんどっちが加工前でどっちが加工後なのかわからなくなるほどである。では、羽生をもっと宇宙人っぽくしたらどうなのだろう?

宇宙人としての羽生

まごうことなき宇宙人。いや、いくらなんでも羽生はここまで露骨に宇宙人じゃないよなあ。とは思うんだけど、でも今までの3枚を並べると、そうとも言えない気がしてくるのだった。

羽生グラデーション

私のイメージする羽生は、間違いなく、一番左なのである。「ゆがみツール」がゆがめるのは、私たちが思う「人間と宇宙人と羽生の境界線」なのかもしれない。

(おまけ)顔認識、と言えばこの人で試してみないわけにはいかないので試してみたら、最近の顔認識技術の進歩か、見事に認識されて宇宙人になれたのだった。よかったね。

羽生俊輔

「ゆがみツール」への4件のフィードバック

  1. なんか右の羽生が素敵♥会いたい!!

    なんだ…キノコ認識されたのか…残念。

  2. 加地さん、羽生、中村俊輔、今回のカジオログは3点盛りですね。
    羽生の宇宙ネタは、カジオログの真骨頂です。

  3. かっかっつっつ梶さん引退ですって!!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です